股関節痛の原因と対処方法|西宮 人気の整体院ひこばえ整骨院・整体院

・歩いていると股関節が痛い

・階段の上りと下りが痛い

・胡坐をかくと股関節が痛い

・椅子からの立ち上がりに股関節が痛む

など、股関節の痛みで悩まれている方も多いのではないでしょうか?

実は股関節の痛みを侮ってはいけません。最悪変形性股関症と言って骨自体が変形してしまう事さえもあります。

そんな状態で歩行や運動をすると股関節に痛みを生じて歩行も難しくなります。

このブログでは股関節痛に関して原因とその対処方法を詳しく解説していきます。

股関節はどの部分の事を言うの?

股関節とは写真の様に骨盤と脚をつないでいる部分を股関節と言います。

全体重がここで一度分散されます。恥骨を中心に左右の脚に力が分散して股関節、膝、足首、地面を通過して力を分散させていく役割があります

股関節が痛いと言う事はこぼ股関節の部分で力が分散をせずに全て股関節周りに力が溜まる為に痛みが出てしまいます。

逆に言うとこの股関節の力を分散させてあげると痛みが改善すると言う事になります。

股関節が痛くなる原因は?

股関節が痛くなる原因として多くのあります

①臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)

②股関節の使い過ぎで外側の筋肉疲労

③変形性股関節

④O脚、X脚

⑤外反拇指や偏平足

⑥体の歪み

以上6点が多い原因です。では一つずつ診ていくようにしましょう。

ストレッチや対処方法は違う部分で詳しく解説します。

原因①臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)

臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)は生まれつき股関節痛の発達がうまくいかず、股関節の受け口が浅い状態の事をいいます

本来股関節は人間の体の中で一番安定しているはずなのに、それが安定せずに常にぐらぐらしている状態になってしまっています。

原因は不明ですが、ほったらかしにすると変形性股関節症になる事が多いのできっちりと対処が必要です。

②股関節の使い過ぎで外側の筋肉疲労

歩き過ぎ、立ち過ぎ、片足に重心をかけるなど、運動や体を酷使する方に多い症状です。

体の筋肉で言うと大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)という筋肉をよく使う為に痛みが発生します。

日常の歩き方が悪い方も長年この筋肉を使う事で体が限界をきたし痛みを誘発する事があります。

③変形性股関節

変形性股関節症は①と併発して起こります。関節がうまくフィットしていない状態なので関節が摩擦し合って変形をします。

臼蓋形成不全も程度があるので症状がきつい場合とそうでない場合があります。

そしてもう一つ重要なのが

体重の増加

今まで50㎏の人が60㌔になると単純に10㌔増加します。常に体にコメを10㌔支えている状態と同じになります。

これによって股関節に負担がかかり変形していきます。

④O脚、X脚

O脚もX脚もどちらも立ち方歩き方に問題があります。O脚は内股、小股、小指重心が重なり、そこに外反拇指、偏平足、浮足などが重なるとO脚になり、結果的に股関節痛の原因となります

X脚も同様に立ち方、歩き方が悪い為に結果的に股関節痛を誘発します。

股関節痛が原因ではなく、結果的歩き方や立ち方が悪く股関節に負担がかかり股関節が痛くなると言うケースです。

⑤外反拇指や偏平足

一度足元を見て下さい。親指が外側に曲がっていませんか?

もしも写真の様に足が外側に曲がっているなら外反拇指の可能性があります。外反拇指は④と併発して起こることがほとんどです。

単体で外反拇指だけ、偏平足だけなどの様に起こる事はまれです。基本的に同時に起こることがほとんどです。

股関節痛も結果的に起こります。

⑥体の歪み

体のゆがみから股関節痛が起こることが私の中では一番多くみられるかもしれません。

体のゆがみがある方は歩き方も立ち方もバランスも全て悪くなります。体重を支えるはずの体に負担がかかり股関節痛が出ている事が多いです

体がゆがむとバランスが崩れるので筋肉の使い方も悪くなります。②と同じ様に筋肉を片方だけ酷使するので痛みがでてきます

股関節痛を改善するにはどうしたらいいのか?

基本的に股関節痛は単体の原因で起こる事はありません。複合的に重なって起こる事がほとんどです。

歩き方、立ち方、体重などを改善していく必要があります。

①臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)③変形性股関節の場合





まず臼蓋形成不全は治す事は出来ません。生まれつきの事なので、骨をどうにかできるわけではありません。

③の変形性股関節症も一度変形をしてしまうと元に戻す事は出来ません。

ではどうすすのか?

いかに股関節に負担をかけないか

これがとても重要です。もし、体重が増加して痛みが出たのなら体重を減らさないといけません。

ダイエットをして体重を落とす方法は下記をご覧下さい。

  • リバウンドって実はダイエットをはじめる前から決まっているんです
  • ダイエットを成功させる為にはとにかくブログや紙に書く事が大切です。
  • 糖質ダイエット中の1日の食事
  • ダイエットをするのに運動を必要としない3つの理由
  • ②股関節の使い過ぎで外側の筋肉疲労の場合

    1)安静にして筋肉を休める

    2)ストレッチをして筋肉の回復を早める

    この2つが得策です。筋肉疲労なのでいかに休ませるかがポイントです。

    しかし1つ注意点があります。筋肉疲労なんで単純に使い過ぎならば安静にすれば改善しますが、使い過ぎではなくて歩き方などが悪い場合は その部分も必ず治す必要があります。

    これだけは間違えないで下さい。ストレッチ方法を説明をしますが。、腸脛靭帯も大腿筋膜張筋も同じ位置にあります。一つを伸ばせば同時に伸びます。4つの方法 の載せていますのでご自身に合わせて行って下さい。

    効果のあるストレッチ方法大腿筋膜張筋①

    太ももの外側を伸ばすストレッチ方法

    ①立位になり、伸ばしい足を反対の足の後ろ側に持っていきます

    ②壁などに手をついて矢印の方向に力を入れていきます

    ③太ももの外側が伸びていればOKです

    朝と昼は反動をつけておこないます。骨盤を動かすイメージで伸ばします。10回程度です。

    晩は逆にゆっくり15秒以上かけて伸ばしていきます

    効果のあるストレッチ方法大腿筋膜張筋②

    ①同じく立位で立ちます。

    ②足を後ろにクロスさせるまでは同じですが、壁を持たずに膝に手を置いて足を中心に伸ばしていきます

    ③伸び方は同じですので壁を使うと自分の力でするかになります。どちらも効果は同じです。

    効果のあるストレッチ方法腸脛靭帯①

    ①お姉さん座りをします。

    ②伸ばしたい方に向けて上半身を倒していきます

    この時に伸びが悪い場合は角度を変えていく必要があります。この時にもし股関節の付け根が痛い場合は腸腰筋(ちょうようきん)が硬い可能性があります。

    朝と昼は反動をつけておこないます。10回程度です。

    晩は逆にゆっくり15秒以上かけて伸ばしていきます

    効果のあるストレッチ方法腸脛靭帯②

    ①椅子に座り、伸ばしたい方の脚を組みます

    ②胸を張って体を前に倒します。この時猫背にならない様に気を付けて下さい。

    お尻の外側、太もものの外側が伸びていれば腸脛靭帯が伸びている証拠です。

    朝と昼は反動をつけておこないます。10回程度です。

    晩は逆にゆっくり15秒以上かけて伸ばしていきます

    ④O脚、X脚⑤外反拇指や偏平足⑥体の歪み

    この3つに関しては基本的には対処は同じです。同じと言うよりは共通して起こる事がほとんどなのです。

    歩き方、立ち方、骨盤の歪み、体重のかけ方等が悪くなり結果股関節痛と言う症状がでます。

    各症状にたいして詳しくは下記をご覧下さい。立ち方等全て詳しく解説しています。

  • 外反母趾の原因と自分でできる対処方法
  • 外反母趾にとても効果のあるストレッチ方法

  • O脚を改善する歩き方
  • O脚を改善するストレッチと運動

  • 自分の身体の歪みを知り、改善する方法
  • 上記の内容を読んんで頂くと立ち方、歩き方、日常の生活での注意点を詳しく書いていますで是非参考にして下さい。

    まとめ

    股関節痛は原因をしっかりと見極める事で治す事ができます。特に臼蓋形成不全や変形性股関節症はきっちりと治療が必要ですが、この2つになったから必ず股関節痛になるとは限りません

    程度はある物の、臼蓋形成不全でも痛みを感じていなかったりすることも多くあります

    問題はあるとわかった上で適切な処置をできているかどうかなのです。

    股関節痛は必ず痛みを改善できます。諦めずにいて下さい。上記の内容がお役に立てる事を願っています。

    ひこばえ整骨院でできること

    ひこばえ整骨院では股関節痛でもまず、どこに原因があるのかを徹底的に診ていきます

    立ち方や歩き方、外反拇指、偏平足、浮足等の関係性を見ていきます。

    その上で適切な処置を行っていきます。

    股関節痛でも違う所に原因の事がよくあります。

    股関節が痛いからその周辺を一生懸命治療しても効果がないことがあります。そうならない為に治療を行います。

    もし股関節の痛みでお悩みなら一度ご相談下さい。

  • お問い合わせ



  • お得な情報や健康情報を受け取りたい方は下記をご利用下さい。
    LINE 友達申請