西宮市 腰痛ストレッチその2|ひこばえ整骨院・整体院

腰痛関連

●西宮市 腰痛に対する3つのストレッチ②

腰痛と言っても色々と症状がありますよね。だるい、痛い、ズキズキする、刺さるような感じがする。人によって症状や感じ方は様々ですよね。

しかし、腰が痛くなった時、多くの場合腰に原因がないと言われています。

実際にアメリカでは証明されています。80%は腰以外に原因があります。

前回お伝えしたみたいに腰のストレッチはとても有効です。

しかし、腰だけでなく、周囲をストレッチする事で腰痛に効果があります。

腰と言うのは常に働いています。

例えば立位の状態を100とすると、一番安定していると思われる寝ている状態。これは25の負担がかかります。

体の中で唯一負担がかからない部分は腰なのです。

だから原因も様々です。

例えばストレス。これを腰痛の原因の一つです。姿勢。これはなんとなくイメージがつくかと思います。

足が固くて腰をかばう。

地面に接しているのは唯一足の裏だけですよね?その下にあるふくらはぎが原因の事もあります。

逆に言うとこれらの関節を改善する事で痛みも変わる可能性もあります。

これから腰痛に効果のあり、腰をストレッチしない方法をご説明していきます。

●ストレッチをする際の注意点

①不安定なところではせず、地面は安定した所で行う。

②息は絶対に止めず、ゆっくりと無理をしない程度で行う。

③反動は付けずに、最低15秒以上かけて行う。

この3点は特に気をつけて下さい。

●ふくらはぎを伸ばすストレッチ

これもとても簡単にできます。

①立った状態で壁に足先だけつけます。

②膝を伸ばし、手を壁に沿わせて状態を前に伸ばしていきます。

これでふくらはぎの筋肉が伸びます。

足は血液が一番溜まります。血が常に重力で落ちるからです。心臓からも一番遠い場所でもあります。

ふくらはぎを動かす事で足に溜まった血液を流す事ができます。むくみにも有効です。































●腰痛だけど肩甲骨のストレッチ

肩甲骨を動かして改善するの?

と思われがちですが、これは姿勢に関係します。

姿勢不良→猫背→肩がこる→更に姿勢が悪くなる→腰がかばい腰痛の流れで痛みが出る事があります

ですので肩甲骨を動かして姿勢を良くする事で腰痛を改善できます。

①両手を伸ばし顔の前で手を組みます。

②次に肩甲骨を前に出す形にしていきます。

③逆に手を後ろにして組みます。

④今度は胸を開くように手を上げていきます。

⑤これを前後10回ずつしていきます。きっちりできると体がぽかぽかしてきて気持ちよくなると思います。

一つだけ注意があります。腰の痛みが強い場合は、手を後ろにした時に腰が反るのでそこだけ気をつけて頂きたいです。























●股関節を柔らかくして腰の痛みを軽減させるストレッチ

①足の裏をつけた状態で座ります。

②次に膝を手で押さえて状態を前に倒します。

③もしくはつま先を持ち体を前に倒します。

このストレッチも非常に簡単です。股関節は腰痛の原因で多く見られます。硬いと腰痛だけでなく、違う部分にも負担がかかります。


























●まとめ

いかがだったでしょうか?できそうなものはありましたか?

ストレッチは場所を選ばず比較的簡単にできます。腰が気になるなぁと思った時はまずはストレッチをしてみましょう。

それでも痛みが改善されない場合は専門の先生の所に行きましょう。

決してほったらかしにだけはしなようにされる事をおすすめします。

詳しい解説は下記から見れますので動画でも合わせてどうぞご覧下さい。



関連記事
記事一覧
オファー