西宮市 足がこむら返り、つってしまう方の為の行う4つの予防方法。|ひこばえ整骨院・整体院
●西宮市 足がこむら返り、つってしまう方の為の行う4つの予防方法。

寝ていると足がつってしまう、こむら返りがとても辛い。なんとかしてこの足の痛みを改善する方法をお探しではありませんか?

私も何度もつる事がありますが、本当に辛いですよね。全く身動きが取れない痛み。

できれば二度と味わいたくない足の痛みです。

しかし、一度足がつると慢性化するのも足の痛みの特徴です。日常の生活のなかでも足がつってしまう事も多々あります。

そんな時の為に、足がつらない体をつくる為に体質を変えていきましょう。

きっちりと予防をしたら必ずでなくなる様にする事ができます。

合わせてももしつってしまった時の為に合わせて応急処置、手当のやり方を紹介していますので、もしもつってしまった時は慌てずゆっくりと処置をしましょう。

自分だけでなく家族の方にも使えますので是非行ってみて下さい。

●足がつってしまうのを防ぐ4つの方法

足がつる事(こむら返り)は、成人の約3割が月に1回以上起こっていると言われています。

健康な方にも起こります。では未然に防ぐ方法を見ていきましょう。

  • 出典 NEVERのまとめ ためしてがってんを参照
  • ●運動前後、就寝前のストレッチ

    足がつるとは自分の意志とは全く関係ない所で筋肉の痙攣が起こります。自分ではコントロールをする事ができません。

    一番つる事が多い時に、入念なストレッチをするのがいいです。

    多いのが運動中と就寝中です。この前後にストレッチをすると足をつるのを防ぐ事ができます。

    運動や就寝中だけでなく、例えば仕事や寝不足、食事の偏りでも同じことが起きてしまいます。a>

    その場合はでも、慢性化している場合、足が疲れている際にはストレッチをする事をおすすめします。

    ●自分でできるストレッチの方法

    時間と場所を選ばずに簡単にできるストレッチをご紹介します。

    ①壁の前に立ち、足を前後に開きます。(伸ばしたい方を前にします。写真だと左足になります。)

    ②壁に伸ばしたい方を付けて立ちます。

    ③このまま重心を前にするとふくらはぎが伸びます。伸ばした状態で15秒ほどキープします。

    ④これを左右2回程します。

    ストレッチは回数制限はありません。時間があればどんどんしましょう。目安は1日3回2セットを目安にしましょう。

    ●整体やマッサージの機を利用します。

    こむら返りが癖になっている場合、ふくらはぎの痛みがある場合は整体院などで対処する事をおすすめします。

    また、時間がない方はフットマッサージ機があります。沢山の機会がありますが、何点かおすすめの物を出しておきます。参考にして下さい。

    整体院に行く時間がない方にとってはとても重宝する品物だと思います。

  • もみギア
  • フットマッサージャー
  • ●1日50回スクワット
     

    足がつる原因の一つに、足の筋力が低下があります。その事によって血液の流れが悪くなって疲労物質が取れなくなり、蓄積をしてしまうと言う事があります。

    その為、日々の生活で溜まる疲労感がそのまま体に残り、限界を超えてしまった時につると言う事があります。

    スクワットをする事により筋肉を鍛え、血液の流れを変えていくようにします。

    方法としてはとても簡単です。膝の屈伸をするだけです。

    注意点として、膝がつま先よりも前に出ない事を注意して下さい。そして、お尻を後ろに突き出すイメージでしてもらえればいいです。

    体勢を間違えると膝を痛くする可能性があるので逆効果になってしまいます。

    回数は1セット10回程度で構いませんので、1日トータル50回を目指して行って下さい。

  • 出典 www.ldl.jp
  • ●足を冷やさない

    筋肉疲労の他、足の筋肉が冷えて血行不良になり足がつる事があります。水泳中につるのはそのためです。冷え性の方も同じです。

    長時間の運動や仕事、等をしていないのにも関わらず足がつってしまうのはエアコンや扇風機で足を冷やしてしまっている事が原因の事があります。

    他にも冷たいもの、ジュース、お酒をよく飲まれる方は特に注意が必要です。

    特に睡眠中は足がよく冷えるので就寝前の冷たいものは控えて下さい。

    ●ミネラル補給

    足がつる原因の一つとしてミネラル不足があります。

    ミネラルとはカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムなどがミネラルにはいります。

    これらのミネラルには筋肉や神経のの働きを整える役割があるので不足をすると筋肉の痙攣が起こります。

    府d何の生活で十分に取れていればいいのですが、発汗や下痢などが続くとすぐにミネラル不足になります。 元々が少ない量で足りてしまうからです。

    ミネラルと言うは人間の体から作れるものではありません。外から取って入れるしか方法があります。

    ですので、3食の食事からしっかりとることをおすすめします。

    ミネラルの多い食材

    ・カルシウム・・・小魚、海藻、乳製品

    ・マグネシウム・・・大豆、玄米、アーモンド、ゴマ、豆腐

    などに多く含まれています。積極的に取る様にしましょう。

    ●足がつるメカニズム

    今まで長い文書を書いてきましたので、まとめて説明をします。

    筋肉疲労

    足の筋肉に過剰な疲労感が溜まると疲労物質が溜まり、筋肉が痙攣しやすくなります。

    筋肉に低下

    筋肉の量が減ると足に行く血液が流れにくくなり、本来体を循環するはずの筋肉が回らなく なってしまい、結果疲労物質が溜まり足がつります。

    ミネラル不足

    筋肉の働きを助けるミネラルが崩れると、筋肉が痙攣しやすくなります。

    汗や下痢などの脱水症状にんあると水分と共にミネラルが失われていきます。

    こまめな補給が大切です。

    足の冷え

    足が冷えると血液の流れが悪くなる足が痙攣しやすくなります。

    寝る前に冷たいもの飲むのを控えて、扇風機やクーラーの風邪には気を付けるようにしましょう。

    ●妊娠中の方があしがつりやすい原因

    妊娠中期頃からこむら返りに悩まされる方も多いのではないでしょうか?

    体重の増加によって体にかかる負担が増えてしまうので、ふくらはぎへの負担が増えてしまいます。

    また、子供さんに栄養素を摂られるので子供さんは大丈夫でもお母さんがミネラル不足になる事があります。

    積極的にミネラルを取られる事をおすすめします。

    つわりがひどく、食べられない時はサプリメントを併用するのも一つの手ですよ。

    ●もし、こむら返りになった時の対処方法

    ①自分で筋肉をさする

    筋肉が痙攣しているのでつった部分をゆっくりと足先から膝裏に向かってさすっていきます。

    さする事で循環がよくなるので硬くなった筋肉を戻す事ができます。

    ②筋肉を伸ばしてストレッチをする

    タオル、壁を使いストレッチをします。上記の写真はタオルを使って行うストレッチです。

    近くにタオルがなかれば同じ状態を壁でいてあげればできるのでもし足をつった際は行って下さい。

    姿勢不良になると身体の機能が落ちてしまいます。座り方にも注意が必要です。

    骨盤を立てて座ると骨盤が立ち大腰筋を使うので筋トレになります。

    椅子の選び方は座った時に膝が腰よりも低くなるようにしましょう。

    ●まとめ

    最後にもう一度まとめてみます。

    運動前後、就寝前のストレッチ

    1日50回のスクワット

    足を冷やさない様にしましょう

    ミネラルを定期的に取る

    これらの事を日常の中でいれる事によって足がつるを大幅に減らす事ができます。

    是非一度試してみて下さい。





    記事関連

    記事一覧