西宮市 自分でできる熱中症対策|ひこばえ整骨院・整体院

自分でできる熱中症対策

●そもそも熱中症とはなんなの?

これだけ暑くなると熱中症が心配ですよね。

今回は熱中症の基本と対策、予防をご説明して行きます。

まず、熱中症のお話をする前にそもそも熱中症とはなんなの?と疑問に思った事はありませんか

熱中症は危険、死に至る事も!!

とニュースなどでよく言われていますが、果たしてどの様にして熱中症になるのでしょうか?熱中症の詳しい知識を入れる事もとても大切です。

●熱中症の4つの種類。

熱失神

皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少して起こります。脈は速くて弱くなります。

特徴

めまい

一時的な失神

顔面蒼白

熱けいれん

大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こります。

特徴

筋肉痛

手足がつる

筋肉がけいれんする

熱疲労

大量に汗をかき、水分の補給が追いつかないと、身体が脱水状態になり熱疲労の症状がみられます。

特徴

全身倦怠感

悪心・嘔吐

頭痛

集中力や判断力の低下

熱射病

体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態です。意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)がみられたり、ショック状態になる場合もあります。

特徴

体温が高い

意識障害

呼びかけや刺激への反応がにぶい

言動が不自然

ふらつく

熱中症はこれらをまとめて言います。簡単に言うと、塩分不足、水分不足、炎天下に長時間いる。これらが重なり起こってしまいます。

今からもしも熱中症になってしまった場合の対処法をお伝えします。

●熱中症になった時の対処方法

熱失神になった場合

生理食塩水(0.9%の食塩水)を補給すれば通常は回復します。ポカリスエyットやアクエリアスなんかが特におすすめです。

スポーツドリンクの裏面をみると生理食塩水と言う欄があるので参考にして購入して下さい。

通常はこれで熱失神は改善します。

●熱失神・熱疲労

涼しい場所に運び、衣類を緩めて寝かせ、水分を補給すれば通常は回復します。

アイスノンや氷でわきや首、鼠径部等を冷やしてももらうと回復できます。

●熱射病

死の危険のある緊急事態です。集中治療のできる病院へ一刻早くいく必要があります。

また、いかに体温を下げて意識を回復させるかにもよります。これが予後を左右するので体を冷やしたり、服を緩めたりする必要があります。

熱射病が疑われる際には水を全身にかけたり、足を心臓よりも高い位置にもっていきます。

アイシングをする際には首筋、わき、鼠径部、などリンパが集まっている部分にする事が大切です。

とにかく熱射病は危険ですので出来る事をしてすぐに病院に運ぶ事をおすすめします。

●熱中症の予防方法

人は1日に2,5ℓもの水を失います。

(尿1.5ℓ、呼吸や皮膚からでる水分900ml、便100ml)

ですので、意識して水分を取る必要があります。

それと同時にナトリウムをとる必要があります。水分が勿論大事なのですが、それだけでは足りないのです。

ナトリウムと言うのは塩分の事です。夏場に黒いシャツを着て運動や汗をかくと黒シャツや白く粉をふきますよね?あれば塩分がでている証拠です。

塩分がないのに水を飲むと体から塩分濃度が低下して、結果熱中症になります。塩分は筋肉を動かしたり、体の水分バランスを整えたりする時に必要になります。

塩分が足りないと水分を取ってもどんどん尿がでてしまい、回復ができなくなります。これはとても危険な状態です。

ですので水分と一緒に塩分を取る必要がります。

●熱中症対策の飲み物

・アクエリアスやポカリスエット

これはとても有名な商品ですね。ほぼ体液に近いのでいいですね。

・ウイダーインタブレット塩分+(タブレット)

外出中などに気軽に食べて塩分補給ができます。これはタブレットなので水分はお忘れなく

・かばや食品塩分チャージタブレット

これも同じです。気軽に簡単に塩分に補給ができます。

これらを定期的に飲まれたり食べたりすると熱中症対策になります。

●自分で飲み物を作る方法

もし自分で飲み物をつくる場合は

1ℓのお水に2gの塩、角砂糖1つの砂糖で完成です。

これを定期的に飲まれると熱中症対策になります。これにクエン酸などを入れるともっといいですね。ないならポッカレモンをおおさじ2位でいいです。

非常に簡単です。意外と美味しいですよ。

●熱中症対策に有効な食べ物

梅干し

梅には食塩の他にクエン酸ナトリウムと言い、夏バテ防止の栄養素が含まれています。夏場にはとても効果のある有効な食品です。

これを水に溶かして飲むのもいいです。

スイカ

これは野菜ですが、スイカの90%以上は水分でできています。

もちろん水分を取ることも大切ですが、野菜や果物から取るのもOKです。

スイカに塩を振れば生理食塩水と同じになります。

しかも、スイカには糖分、カリウム、カルシウム、マグネシウムなども入っています。ミネラルも豊富なので夏場にはぴったりですね。

味噌汁

これもすいかと同じで水分+塩分が豊富に取れます。

カレーライス

以外ですよね。カレーにはスパスが入っているので

①汗をかきやすく

②体を温め

③食欲増進が期待でき

④消化促進の効果もある

といいことが沢山あります。

その他にもレモン、生姜、シソ、はちみつ、等、酸味がある物が効果的です。

●まとめ

熱中症が原因さえしっていれば防ぐ事はなんぼでもできます。

熱中症と言う言葉が夏の風物詩みたいになっていますが、最悪死に至る事もあります。

水分補給に塩分補給も大切ですが、防止にサングラス、首にタオルなど、直接日に当たらないと言う事も大切な事です。

夏場はクーラーをかけたりしますので、体調には気を付けて下さい。 記事関連

記事一覧