西宮市 夏バテにならないための方法 |ひこばえ整骨院・整体院
●夏バテにならない為には

夏は暑く、心身ともに萎えてしまいますね。

冷たい食べ物や飲み物は欠かせないかと思います。ビールや酎ハイなど冷たいものが美味しですしね。しかし夏こそ注意が必要です!!

夏バテはありますが冬バテってないですよね。それくらい夏は体に取ってよくありません。

クーラーや飲み物食べ物を食べたりするとその時は涼しく感じて良いのですが、体の中からも冷えてしまいます。

そうすると体が怠くなったり、疲れが取れにくくなったりしてしまいます。

悪循環に陥らないためにも暑さに負けない、夏バテをしない体を作りましょう。

このブログでは、夏バテの基本と、ならない為の対策、なってしまった時の対策を合わせて書いていますので、是非最後までお読み下さい。







●そもそも夏バテとは

そもそも夏バテはなぜなってしまうのでしょう?

原因は体の外と中の温度差にあります。

夏場暑い時では外は35度程あります。35度は猛暑ですが、仮にこう設定します。部屋の温度は28度に設定します。この時点で中と外の温度差は7度

そして暑いからと冷たい物、冷たい食べ物を食べます。体の体温はどんどん下がります。

そうすると、体の中が冷たくなるので体は体温を上げようとします。

しかし、外は暑いですよね。この状態で外に出たとしましょう。体の温度差はどんどん広がって行きます。

それを繰り返すと体はどうなるでしゅう?

暑いのか寒いのかがわからなくなってしまい、体の機能が停止します。

体の機能を左右しているのが自律神経です。この自律神経が働くの辞めてします。

自律神経は交感神経と副交感神経にわかれます。

交感神経は身体の機能を向上させる。例えば仕事に集中する時、何か運動をしている時。

逆に副交感神経は体のリラックスさせたい時に働きます。安静にしている時に主に使います。

これのスイッチがうまいこと行かず、身体をしっかり動かしたい時に力が入らなくなったり、休みたいのに体が興奮したりとおかしくなります。これが夏バテの本性です。

と言う事はこの自律神経の乱れをなくすと夏バテは解消もしくはならない様にできます。

これ以外に夏バテはなぜ起こるのか?

夏バテの原因は大きく分けて3つあります。

水分とミネラルの不足

消化機能の低下

栄養不足

体温調節の低下

水分とミネラル不足

気温が上がると体温も上がってしまうため、体温を下げようと汗をかきます。水分補給をしないでいると汗で水分がどんどん出るため脱水症状になります。

そして汗の水分と一緒にミネラルも出してしまい、ミネラル不足になってしまいます。不足すると代謝が落ちたり、病気を招きます。

消化機能の低下と栄養不足

汗をかくと塩分不足と胃酸も減少し、また体温が上がると胃腸への血流も悪くなるため消化機能が低下します。そのため栄養の吸収が悪くなり栄養不足となります。

さらに汗をかくことや血管を開いたりで、エネルギーを使います。食欲がないのにエネルギーだけを使っていると栄養不足になります。

体温調節の低下

気温が高いと脳や内臓の温度を上げないように熱を外に出そうとします。血管を広げて血流を増やし皮膚面の温度を上げて熱を出します。気温と皮膚の温度差が大きくなくなれば今度は汗を出します。その調整をしているのが自律神経ですが、気温差が大きすぎたり、暑いとこと涼しいとこの出入りが多すぎると、対応できなくなり体温調節ができなくなります。そうすると暑さを感じにくくなるため、熱中症や水分不足になり血液がドロドロになって脳などに詰まる原因になります。

体温調節の低下は大きな病気を引き起こす可能性があります。

こういった夏バテに対応できるようにまずは食べ物で体を作りましょう。

●夏バテの効果のある食材

豚肉


<p><span class=

豚肉にはビタミンB1が豊富で、疲労回復の効果が高いから夏バテに効果があります。

食品例

豚キムチ、豚肉の生姜焼き、豚肉のきのこソースなど。作れるものから一度試して下さい。

うなぎ


<p><span class=

うなぎにもビタミンB1が豊富です。

食事例

うなぎとごはんのレタス包み、うなぎと枝豆のまぜごはん、うなぎとトマトの卵炒めなど

鶏肉(胸肉


<p><span class=

鶏胸肉にはイミダペプチドというたんぱく質が豊富で、疲労回復に大きな効果があります。

食事例

鶏肉とキャベツの生姜蒸し煮、チキンライス、チキンナゲットなど

チーズ


<p><span class=

チーズにはビタミンB2が豊富で、他の栄養素の吸収や消費を助ける働きがあります。

食事例

カリフラワーと鶏肉のチーズソース、鶏ささみフライ、

その他にも、かぼちゃ、枝豆、豆腐、柑橘系等が効果があります。

暑い時は基礎代謝が高まるまで時間がかかるのでタンパク質をよく使います。

またエネルギー代謝にかかせないビタミンB1も大切です。

効率よく摂取しましょう。

●夏バテに効果のある運動

夏バテに効果のある運動としては肩甲骨を動かすことと、ふくらはぎをしっかりと動かすことが重要です。

肩甲骨は代謝を上げる脂肪(褐色細胞)ふくらはぎは足に溜まった血液を心臓に戻す為の筋肉があります。ふくらはぎをほぐし、マッサージしてあげたり、動かす事で夏バテ改善に効果があります。

一番簡単な運動はウォーキングですね。15分から30分程度ウォーキングする事で体の機能が活性化されます。只、暑いので熱中症には十分気を付ける必要があります。

●夏バテに効果のあるストレッチ

腕を前に組みます。(写真の様に組んで下さい。)

このまま肩甲骨を前に突き出すイメージで肩を入れて行きます。

肩甲骨が伸びるおを感じたら筋肉のストレッチはできています。

肩甲骨を動かすストレッチ①


<p><span class=

肩甲骨を動かすストレッチ②

腕を後ろで組みます。(写真の様にして下さい。)

このまま胸を張り、上がる所まで上げていきます。

肩甲骨が背骨にくっつくくらいまで引き寄せます。

凄く気持ちがいいのでおすすめです。


<p><span class=

ふくらはぎを柔らかくするストレッチ

壁につま先をくっつけます。

手は倒れたりしない様に壁に支える形にしてもらうのがベストです。

次につま先に体重を乗せてもらう状態でストレッチをしてもらうとふくらはぎが伸びます。

筋肉を柔らかくしようと思えば持続的に伸ばしていきます。10秒から15秒くらいを目安に伸ばして下さい。

朝や体を動かす前には反動をつけてぐいぐいと伸ばしながらすると効果が出てきます。使い分けをしてもらうといいですね。


<p><span class=

<p><span class=

股関節を動かすストレッチ

胡坐をかくように足の裏をくっつけます。

次に上半身を足にくっつけるようにします。

できるだけ姿勢は真っ直ぐの方がいいです。

内ももと股関節がストレッチされます。股関節には大きな静脈が走っているので血液の流れがよくなります。


<p><span class=
●クーラーを使わずに室温を下げる方法

①扇風機+保冷剤

・まず、扇風機と保冷剤を用意します。

・扇風機の先に保冷剤を当てるようにします。

そうすると冷たい風がきます。当たり前ですが、これで室温が3度ほど低下します。意外と簡単ですが効果があります。

保冷剤の大きい物は100均でも売っています。

扇風機+窓

グッズではないですが、室温を下げる方法です。

・まず、窓を片方を開けるのではなく、両方とも半分ずつあけます。

・次に片方の窓に向けて外に扇風機をだします。

・これで中の空気を外にだします。

・そしてもう片方の窓にはなにもせずにそのままあけておきます。片側から空気が抜ければ片方から空気が抜けます。

一度試してみて下さい。

もしも夏バテになってしまったら

夏バテにならないに越したことはないですが、もしもなってしまった場合どうしたらいいのでしょうか?

その対処方法をお伝えします。


<p><span class=

ミネラルや栄養素の入った水分をよくとる

おすすめは柑橘系や梅ジュースですね。両方ともクエン酸が豊富に入っているので体の機能を回復しやすいです。また、砂糖も大量に入っているのでエネルギー源にもなります。もしくはポカリスエット、アクエリアス等の電解質系を取られるのをおすすめします。

上記の栄養素を積極的に取る

上記に掲載した栄養素をしっかり取ることをおすすめします。

私個人的なおすすめは、豚肉の生姜焼きです。このたれの中に梅をすりつぶしたものを入れます。タンパク質もクエン酸もビタミンB1も同時に摂れて栄養素も十分にあるのでとてもいいですよ。

●まとめ

クーラーを控える、もしくは設定温度を上げる

クーラーの設定温度が25度以下になると夏バテになると言われています。

自宅や就寝の際には設定温度は28度くらいにして、しっかりと布団をかけて寝る事をおすすめします。

記事関連 記事一覧