西宮市 歩いている時の股関節が痛くなった時の対処方法</|ひこばえ整骨院・整体院

歩いている時の股関節が痛くなった時の対処方法




●歩いている際に股関節が痛くなった時の対処法

お買い物やお出かけで、長時間出歩いた際、股関節に痛みが出たことはありませんか?普段痛みを感じないのにそのときにだけ痛みが出る。そんなことでお困りではないでしょうか。

今回はそんな、気になる股関節の痛みについてお話していきます。

股関節は歩く時の軸になります。骨盤からはえているイメージを持ってもらえれば結構です。今回は股関節の位置や役割、原因、対処方法を詳しく説明します。

●股関節とは

まずは股関節について。股関節とは大腿骨の最上部の、大腿骨頭が収まる骨盤の左右にくぼみの部分にある、丸いボールを受けるような仕組みになっている関節のことです。写真で言うと赤い部分ですね。

では股関節とはどの部位で、どんな働きがあるのでしょう。

■股関節の場所

股関節の場所を表現する場合、間違えやすいのが鼠径部(そけいぶ)。もしくは骨盤の出っ張り部分。そこは「腸骨」という骨盤を形成している骨の一部分です。

股関節はみなさんが思っている場所よりも、体の中心寄りの前側にあります。

坐骨と呼ばれる、座った時にお尻の下の方に触れる骨の方が、実際の股関節の位置に近いです。

■股関節のはたらき

股関節とは、体重を支え、人間が立ったり座ったり、歩いたり走ったりするという日常動作の根本を司るとても重要な関節です。

肩の関節に並び、人体の中でも自由度の高い関節で、いろいろな方向に曲げられる関節です。股関節には普通に歩くだけでも

体重の4~5倍もの負荷がかかる と言われており、この負荷を支えるために股関節は筋肉や腱などで全体を覆われています。

だから股関節が痛くなると本当にこまるんですよね。

そのため、股関節の動きを正常に保つためには周りの筋肉の働きも重要です。股関節を支える筋肉の筋力が低下したり、 筋肉が硬くなって関節の動きが悪くなったりすると、体のほかの部分にも不調が出やすくなります。

 

●なぜ股関節は痛くなる?

ここでは股関節の痛みの原因をお話をします。大きく分けて4つから成り立ちます。それでは一つずつ説明しています。

■変形性股関節症

これは字のごとく関節に変形が起きて痛みがでる状態です。ほとんどが生まれつき股関節の変形があり、年齢を重ねて出ると言うのが多いです。

臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)と言われるものです。あまり聞きなれない感じですが、レントゲンを撮り

『股関節のカップが浅いけど、これくらいなら大丈夫でよしょう。』

と言われれば高い確率でなります。ですので、この場合は痛みが少しでもでればすぐに治療を開始する必要があります。

なんでもそうですが早期発見、早期治療がいいです。この場合は整骨院や整体院がおすすめです。

■筋肉の硬さによる股関節の動きの制限

次は筋肉の硬さによるのが原因で股関節が痛くなる事です。肩こりが股関節に来る感じです。この特徴は

朝痛み、昼はましだけどまた疲れると痛い。

と言う感じです。じっとしていた出だしが痛い場合などは筋肉の硬さが原因の事が多いです。

この場合はストレッチや自分でマッサージでも対応できます。

■骨盤の歪み、体の歪み

この場合はイメージは下記のとおりです。

骨盤が歪む➡歩き方が変わる➡筋肉に負担がかかる➡股関節が痛い<

この状態はとても多いです。症状は股関節が悪いですが、根本的に治すところは骨盤です。勿論腰が原因でもこの様にに置きますので一概には言えませんが、 股間節、腰、骨盤はとても密接な関係にあります。

■歩き方が悪い

上記に似ていますが、歩き方は悪いと股関節に影響を及ぼします。この場合は産後の方に多いです。

腰が反る➡内股になる➡歩くと動きが悪くなる➡痛みがでる

イメージはこの様な感じです。この場合も腰の反りからきっちりと治す事が必要です。

■全てに共通している事

それは

姿勢

です。姿勢が悪いので歩き方が変わったり、筋肉に負担がかかったり、痛みが強くなったります。

しかし、姿勢を調整しているのはどこなのでしょうか?

●姿勢が正しくする根本の部分は?

それが骨盤です。大元をたどると骨盤の歪みです。勿論なぜ歪んだのかが大切です。

先述のとおり、股関節は骨盤にあるくぼみと大腿骨をつなぐ部分のことを言います。股関節が回転することで足が自由に動かせるようになっています。

大腿骨の受け皿である骨盤に歪みが生じてしまうと、股関節の動かせる範囲は狭くなり、 スムーズに動かせなくなります。歩く動作をしていると重力によって股関節にかかる負荷が増え、関節の中で骨がぶつかり痛みが発生してしまうのです。

つまり、股関節の痛みをとる為には、骨盤、姿勢の歪みから治さないといけないのです。

普段歩いているとき、躓いたり、足を引っ掛けてしまうことが多い方もいるのではないでしょうか。

それは股関節が自分が思っているよりも動いていない、動かせていない、ということです。筋力が低下している、もしくは可動域が低下している可能性があります。

その状態で日常動作を続けてしまうと、ますます体の他の部分にも影響がでて、骨盤が歪んでしまうだけでなく、腰痛や膝の痛み、O脚、XO脚の原因にもなります。

●股関節が痛くなったらどうしたらいいのか

実際、股関節に痛みが生じてしまった場合、どう対処すべきか。歩いている時はまずは痛みが引くまで安静にするのが一番です。

そして、基本的にはストレッチを行い、硬くなった股関節や骨盤周りの筋肉を緩めましょう。そして、動かせる範囲を広げていけば、 股関節の動きもつくので股関節への負担を軽減させることができます。

そしてい一番の問題である骨盤の歪み。それを改善できるように、姿勢や歩き方を意識してみましょう。

※股関節痛にも種類があり、骨の変形や炎症によるものである場合もあります。痛みが治まらないときや、熱感を感じる際には医療機関などで診断を受けましょう。

●股関節が痛くなった時の立ち方・歩き方

■立ち方

まずは立っているときの正しい姿勢です。腰から上の体重の理想的なかけ方は、首→背中→腰→膝→足首の順に弧を描くようでいながら、 全体的には中心に体重が乗る形です。このまま顎を引いて、つま先を45度に開いてかかとを地面に付けて立ちます。 軽く胸を張るために、背中の肩甲骨を閉じるようなイメージで肩を開きます。これが正しい立ち方です。

■歩き方

次に歩いているときの正しい姿勢です。上記の正しい立ち方から、足を前に出すときには、膝から前に突き出す意識で足を出します。 着地の際は常にはかかとから入り、蹴るときはつま先で蹴ることを意識します。 腕は力を抜いて振り、頭のてっぺんを真上に軽く引っ張られたような意識も持つとさらに良いです。視線は少し先を見るのが良いですね。これが正しい歩き方です。

●股関節のストレッチ方法

■骨盤の前、太もも~お尻のストレッチ

①仰向けになります。

②伸ばしたい脚とは逆の脚を抱えます。

③その状態から、曲げた方の脚の膝を胸に近づけるように深く抱え込んでいきます。

④呼吸を止めずに30秒ほど伸ばします。

※この時、逆側の脚が浮いてくると、ストレッチの効果が得られないため浮かないよう注意する。

■股関節・骨盤の前側のストレッチ

①伸ばしたい足を後ろにした状態で、反対の脚を大きく前に出します。

②その状態からおへそを前方につき出して、寝かせている脚の股関節の前を伸ばします。

③そのまま15~20秒維持します。呼吸は止めず、浅くならないように注意しましょう。

※おへそを前につき出す際に、腰が反らない様に注意しましょう。上半身と骨盤が前に倒れないようにも意識して行いましょう。

骨盤外側のストレッチ

■椅子ver.

①椅子に座った状態で、伸ばしたい脚の方を反対側の膝の上に外くるぶしが乗るように置きます。

②その状態から、背中を丸めないように気を付けながら、おへそをふくらはぎに近づけるようにして息を吐きながら上体を倒していきます。

③息を吸う際に、上体を少し戻して、また吐きながら倒していきます。

これを15~20秒かけて行いましょう。

■床座位ver.

①片方の膝を外側に倒し、足首を反対側の膝の上に乗せ4の字を作ります。

②伸ばしている方の膝を曲げ、かかとをおしりの方へ引き寄せます。

③おしりが伸びていることを感じ、自然な呼吸で左右20~40秒を目安に行いましょう。

左右一回ずつ1セットを一日朝晩の二回行いましょう。

■仰向けver.

①仰向けで寝ます。

②両膝を立てて伸ばしたい方の足首の外側を反対側の膝の上にのせます。

③その状態から、立てた状態の膝を胸に引き寄せるように抱え上げます。

反対側も同様に行います。

呼吸に合わせて、片側20秒ほど行います。

硬い方、痛みの出る方は椅子ver.から始めましょう。

●まとめ

今回は股関節についてお話していきました。いかがでしたでしょう。

股関節の痛みは骨盤の歪みです。股関節は上半身と下肢を結ぶ、大変重要な関節です。骨盤の歪みから股関節に不調がでて、それから全体のバランスを崩してしまう。

立ち方や歩き方などが原因で徐々に負担がかかってしまっているために、一気に悪くはなりませんが、気づくのが遅れると治すのにも時間がかかります。

普段からストレッチや運動などをして、体のメンテナンスはきっちり行いましょうね。

●ひこばえ整骨院での股関節の痛みの手順/div>

ひこばえ整骨院では股関節の痛みを改善する事ができます。

股関節は勿論の事、体全体をみていき、調整をしていきます。

もし、あなたが股関節の痛みで悩まれているなら一度下記をご覧下さい。