西宮 坐骨神経痛になった時の3つの対処方法|ひこばえ整骨院・整体院

坐骨神経痛になった時の3つの対処方法

●坐骨神経痛で足が痺れる、腰が痛い

『これは坐骨神経痛ですね。』

と言われた事はありませんか?

これを来ておそらく

ともて不安

しゃないですか?

坐骨神経痛、自体の言葉が一人歩きしている感じですね。

症状としてもお尻か太ももの外側、ひどい場合はつま先までしびれがでてしまうことも。腰痛に付随して発生する症状です。

今回はその坐骨神経痛がでたときの対処法と坐骨神経痛とは何かををお話ししていきます。

 

●坐骨神経とはなんなの?

坐骨神経とはよく聞きますが、一体坐骨神経とはなんなのでしょう。

写真にもありますが、坐骨神経とは腰から神経が出て、お尻、太ももの裏、膝の裏、足先まで出ています。

太さは体の中で一番太く、小指位の大きさがあります。

この神経が圧迫されるのが坐骨神経痛です。足の後ろにある筋肉はこの神経に伝達が行きわたり動かしたりします。

ですので足を動かしたりするときにはとてもとても重要な神経なのです。











●坐骨神経痛とは一体なに?

先ほどの説明通り、坐骨神経何かの原因で圧迫されたのが座骨神経痛なのです。

座骨神経痛は病名ではなく

症状

なのです。ですので座骨神経痛を治すのではなく、座骨神経痛になった原因を知り、それを取り除く事は一番大切な事なのです。

坐骨神経痛とは一体どんな症状か。

先ほど説明しましたが、腰椎から下半身に伸びる、人体で最も長く太い神経が坐骨神経です。 この神経が何らかの影響により、圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれの症状のことを「坐骨神経痛」と言います。

多くは腰痛から引き続いて発生し、次におしり、太ももの裏、すね、足先に鋭い電気が走ったような痛み、 しびれが広がります。重度になると、痛みや麻痺で歩行困難を伴うこともあるのです。

他の主な坐骨神経痛の症状は以下のものです。

・いつもお尻に痛み、しびれがあり、座っているのが辛い。

・腰(身体)を動かすと足の痛みが激しくなる。

・安静にしていても、お尻や足が激しく痛んで眠れない。

・身体をかがめると痛くて靴下をはけない。

・痛みやしびれ以外に冷感やだるさ、灼熱感(チリチリと焼けるような痛み)がある。

・太ももの外側や裏、ふくらはぎ、かかとなどに痛み、しびれ(ぴりぴりとした感覚)が続いている。

・足の筋肉が左右で差が出ている。

・足の裏に正座の後のようなジリジリとした不快な感覚(しびれ)がある。

・足の裏の皮膚が厚くなったような感覚がある。

これが坐骨神経痛の主な症状です。この中に当てはまるなら坐骨神経痛と言う診断を受けます。

 

●坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因は年齢により異なりますが、比較的多いのがぎっくり腰から腰痛が慢性化したもの、次に梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)が挙げられます。

坐骨神経の通り道に梨状筋(りじょうきん)という筋肉があります。

梨状筋は股関節を足先を外に向けさせる働きがあり、仙骨から足の付け根に付いています。

坐骨神経は腰椎の下の方から出て、この梨状筋の下を通っています。

この梨状筋が炎症もしくは過度の緊張状態になると、その下を通る坐骨神経を圧迫して神経の走行に沿って痛みがでます。

坐骨神経痛は筋肉疲労や骨盤の歪み、股関節の歪みによっても引き起こされます。

デスクワークや同一姿勢での作業などで疲労が蓄積し、歪みにつながり、何気ない日常動作でも坐骨神経痛を引き起こしてしまうのです。

この様な状態でも坐骨神経痛といいますが、治療としては炎症があるならそこの炎症をひかす。その為にはアイシングが有効です。。そして梨状筋が硬いなら治療やストレッチをする

これでも十分に痛みやしびれが取れます。坐骨神経痛だから大変とは思わずに冷静に判断しましょう。

他の坐骨神経痛を引き起こす原因として下記に書きます。

■腰部脊柱管狭窄症

「背骨(脊椎)は、身体を支える役割とともに、脳から背骨に沿って延びてきた神経(脊髄)を守る役割も担っています。 この神経が走っている背骨の隙間のことを「脊柱管」(せきちゅうかん)といいます。

腰部脊柱管狭窄(ようぶ せきちゅうかん きょうさく)とは、文字通り、腰のあたりにある脊柱管が狭くなって神経が圧迫された状態のことで、 50代を超えた中高年に多く見られます。

脊柱管が老化などが原因で狭くなり、神経が圧迫します。

この様な方の特徴は、体が前に曲がっているもしくは極端に腰が反ってしまっている方は多いです。

症状として、脚が痺れる、5分くらい歩くと痛みが出てきて休憩すると痛みがなくなる。ひどい場合ですと歩くのが困難となります。

■腰椎椎間板ヘルニア

背骨(脊椎)は、「椎体」という骨と、その間でクッションの役割をする「椎間板(ついかんばん)」が交互に積み重なっています。 椎間板の中にはゼリー状の「髄核(ずいかく)」という部分があります。

椎間板ヘルニアでは、何らかの理由でこの髄核が押し出され、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されることで痛みやしびれが起こります。 この状態が腰のあたりの背骨で生じたのが「腰椎椎間板ヘルニア」で、下半身に痛みやしびれが起こります。

最近では極端な場合以外は全て手術をせずに治療をします。

なざかと言うと、

手術をしてもその後が結局悪くなるから

です。

結局手術をしたことの代償がくる感じです。ですので手術をせずにします。

しかも、ヘルニアもそれ自体が怖いのではなく、ヘルニアになった原因を取り除かないと意味がないからです。

■腰椎の分離・すべり症

腰椎の分離症は、腰の骨のある部分が切れてしまうことでレントゲンで確認することができます。

分離しているからといって、必ずしも腰痛などの症状があるとは限りません。

しかし問題なのはこの部分が不安定になった場合で、分離した状態では切れた部分から骨が前方へズレるようにすべってしまい、 神経が刺激されことによって坐骨神経痛や脊柱管狭窄症の症状をおこすことになります。

分離=骨が折れる

これ自体を治すことは難しいです。しかし、痛みを取ることは十分可能です。それと、こうなってしまった原因を取り除く事が大切です。

●坐骨神経痛が出たときの対処法

坐骨神経痛が出てしまった時の対処法として一番有効なものは温める、冷やす、ストレッチ。この3つです。

特に痛みの原因となりやすい梨状筋や、お尻周りを入念に行うと効果的です。

■温める

筋肉をほぐすためにします。温める方法はカイロ、お風呂、ゆたぽんや電子レンジでチンするようなモノでいいです。

ストレッチと温めるのは同時に行うことが理想です。どちらかだけというよりも合わせておこなます。

何点か市販の物をおすすめします。

■冷やす

これ痛い部分をしますが、腰の付け根を冷やします。坐骨神経の通り道を冷やすイメージです。

アイシングはアイス枕の様なものと、氷のうの2つに分かれます。できれば氷嚢の方がいいですね。しっかりと冷えるのと、凍傷を起こさないからです。

アシスノンは基本10分程度、氷のうは15分~20分程度の時間で行って下さい。

●冷やすのか温めるのかを迷った時

正直わからないですよね。もし迷った時は必ず

冷やす事からしましょう。

痛みがある時は基本的に炎症を持っている事が多いです。

ですのでアイシングで冷やす、そのあとに温める様にしましょう。すると炎症が引いた状態になるので痛みや炎症を引かす事ができます。

●痛みが出た時のストレッチ方法

もし仕事中や、外出中に痛みがでた時にすぐにできストレッチ方法をお伝えします。

お尻を伸ばし腰の圧迫を減らすのストレッチ

①椅子に座ります

②伸ばしたい方の足を上にして組みます。太ももが外のくるぶしにくるようにします。

③そのまま姿勢を正、前屈していきます。

④この際にお尻の外側が伸びていればストレッチがうまくいっています。

痛みやしびれが強い時は伸ばしっぱなしで20~30秒程度伸ばし続けましょう。

その後軽く反動を付けて20回程伸ばして下さい。

これを左右することで筋肉がほぐれます。左右両方ともします。









壁を使って腰を捻るストレッチ

①椅子に座ります。背もたれを使わないように前に1歩でます。

②そして壁に体が向くようにして体を捻って行きます

③すると腰の周りの筋肉がほぐれます。腰が痛い時はこのストレッチをすると改善します。

痛みやしびれが強い時は伸ばしっぱなしで20~30秒程度伸ばし続けましょう。

その後軽く反動を付けて20回程伸ばして下さい。左右両方ともします。









アキレス腱を伸ばして足の筋肉を緩め、腰の負担を減らすストレッチ

①壁を正面にして立ちます。この時1歩後ろに立ちます。

②足を壁に付けて立ちます

③腰から押し出すようなイメージで体重を前にかけて行きます。

③ふくらはぎの筋肉が伸びて行くのがわかればOKです。

痛みやしびれが強い時は伸ばしっぱなしで20~30秒程度伸ばし続けましょう。

その後軽く反動を付けて20回程伸ばして下さい。左右両方ともします。

このストレッチは上記2つと組み合わせれば効果をより発揮します。









●まとめ

いかがだったでしょうか?

坐骨神経痛って聞くととても不安になりますし、少しびっくりしますよね。しかし、普段の疲労でもなることはあります。ですので、脚が痺れた=手術等は思わなくても大丈夫です。

処置をしっかりすればきっちりと改善できます。

もし、上記の方法を1週間してダメなら整体や整骨院にいきましょう。やはり何事も早期発見、早期治療が大切です。




腰痛関連記事

記事一覧