冷え性対策!冷え性には温める事よりも○○をする方がいい。冷え性を改善する為の方法|西宮 人気整体院ひこばえ整骨院・整体院 

冷え性対策!冷え性には温める事よりも○○をする方がいい。冷え性を改善する為の方法




冷え性を改善する為に何を一番に思い浮かびますか?

半身浴、湯たんぽ、靴下の重ね履き、生姜湯を飲む・・・

など、沢山思い当たる事があるかと思います。それでも色々と試したけどあまり効果がないという方も多いのではないでしょうか?

もっとあたためたほうがいいのではと思ったり温める時間が短いからだと逆にもっと温める事をしていませんか?

実は温めれば温める程体の体温は低下するという事実があります。

なぜそのような事になるのでしょうか?

ここでは、冷え性を改善するための方法を詳しく解説していきます。

●なぜ温めると反対に冷えてしまうのか?

温めると言う行為自体はとてもいい事です。湯たんぽもカイロもいいのですが、もし、夏場にカイロを当てると体はどうなるのでしょうか?

汗が噴き出し不快になりますよね。そうすると体の表面の毛穴が開いて逆に体温を外に出そうとします。

冬場も同じです。冬場の寒い時に温めると体から体温を外に出そうとします。本来体の中に必要な体温までもが外に出てしまう可能性があります。

そうする事で温めるはずが逆に冷やしてしまう可能性があります。

カイロや半身浴、靴下等は一時的に温めるだけで改善にはつながりません。

厚着をすればする程体温が下がっていきます。

●体は冷えてしまう原因はなに?

まずは冷え性になる原因を知る必要があります。なぜ冷え性になってしまうのでしょうか?

体が冷えてしまうのは勿論そうですが、温めると言う行為をするのは人間だけなのです。

犬や猫は服はきません。薬も飲みません。体から毛を増やしますが人間も服を沢山着ます

同じ動物でもこれだけ差が出てしまいます。

小さい子供には冷え性は少ないです。子供と大人の大きな違いは?

動く量が圧倒的に少ない

これが冷え性の一番の原因です。

簡単に言うと『体を動かせば冷え性が改善して、動かさないと冷えていく』

という事になります。

運動不足が一番の原因です。これを無視して半身浴やカイロ、湯たんぽをしても根本的に温まる事はまずありません。

一番体の体温を上げているのは

筋肉だからです。

ですので暑いと筋肉を動かす事をやめて体の体温はどんどん低下する⇒余計に寒いので寒さ対策をする⇒また体温が下がる

この繰り返しをするので体温は低下を避けられません。次は運動のメリットをお伝えします。

●運動をすると普段使っていない血管までもが動き出す

『運動をしてもその場だけ暑くてすぐに基に戻るでしょう?』

と思われる方もいるかもしれません。実はそんな事はありません。

毛細血管って聞いた事はありますか?

血管には2種類あってこの毛細血管と主血管があります。普段は毛細血管を使うことがありませんが、運動をして血液の流れが良くなると毛細血管を使い出します。

この毛細血管のいい所は使うことによって体の隅々まで血液を回してくれます。と言うことは体の体温を上昇させるので結果身体も温まりやすくなります。

運動をすればするほど温かい体へと進化していきます。

一度毛細血管を開いても、運動や使う事をしないとまた毛細血管は使わなくなります。続ける事が必要です。

●運動をすることで、ストレスによる冷えに対しても効果がある

ストレスは冷えにも関係します。

これは自律神経と深い関係があります。

自律神経には2種類あります。交感神経(こうかんしんけい)と副交感神経(ふくこうかんしんけい)があります。 この2種類は体を活発に動かしたり、逆に体をリラックスさせたい時にオンオフとして切り替えをするようなイメージでは働きます

ストレスがかかるとこのオンとオフの機能がうまく行かないので体の機能が低下します。

体を温める時に体を安静にする神経が働いたり、反対に体を活発に動かす時に安静にする神経が働いたりと、体を神経が噛み合わない事があります。

しかし、運動をすることでこの自律神経の切り替えがスムーズにいきます。これも運動をして冷え症を改善する一つです。

そしてもう一つが

運動をするとストレス発散になります。

運動をした後って体がすっきりしたりしませんか?運動をすることで体の機能が向上するので血液の流れが良くなり冷え性改善につなげる事ができます。

●呼吸をすることで体の隅々まで血液が回る

深呼吸をすると体に酸素が行き渡る感覚になったりしませんか?

運動や深呼吸を意識するだけで体は暖かくなります。息を吸ったり吐いたりすることで熱を生み出し血液の流れがよくなります。

結果、隅々まで血が行き渡ります。特にいいのが

腹式呼吸

です。腹式呼吸は体の悪い空気を外に排出して、新鮮な空気を肺に入れるのでとてもいいです。

体の落ち着かせる為に深呼吸はとても効果的なのです。

●根本的に冷え性を解消する為の3つの方法

とにかく歩く量を増やす

毎日仕事や家事、育児などをしているとどうしても時間がない。そんな声が聞こえてきそうですが、わざわざ時間を取ならくてもいいです。

一番楽で運動効果が高いのが

ウォーキング

です。わざわざ時間をとるのではなく、通勤の時に歩く時間を増やす、エスカレーターやエレベーターを階段にする。

自転車でいくところを歩くなど、少しの工夫でいくらでもできます。まずは歩く事から初めて下さい。

運動は短時間で集中することよりもこまめに動き続ける事が大切です。

自宅の掃除

掃除は必ずすると思います。ただ掃除をするだけでなく、体の機能を上げながら掃除ができるといいと思いませんか?

掃除機をかけるとき、普通にかけるのではなく、体を大きく動かしながらかける

窓を拭いたり床を拭いたりして体全身を動かす。

いつもの掃除をするときに少しだけ大きく動かす様にして下さい。

股関節、肩甲骨、手首、足首を動かす事によって体の血液の流れはとてもよくなります。

少しの工夫でいいので一度試して下さい。>

デスクワークの時は首と言われる部分を動かして

手首を動かすと肩が動き肩甲骨ががスムーズに動いてくれます。肩甲骨は全身の体を温める細胞があります。

この細胞を動かす事によって体全身が暖かくなるので冷え性にはおすすめです。

次に足首、足首を動かすとふくらはぎが動きます。ふくらはぎを動かす事で体全体の血液の流れがよくなります。

重力によってどんどん血液が下に落ちるのでそれを上に上げることがとても重要です。

首と言われる部分は血液がとても滞りやすい場所でもありま。この首を動かす事で効率よく血液循環を変える 事ができます。

テレビを見ながらでも簡単にできるので是非行って見てください。

●まとめ

いかがでしたか?温める事が逆に体を冷やす事に繋がるなんて思いもよらないですよね。体の温める時にはその時の対処ではなく、体の中身から変える必要がありますね

どれもいつでも簡単にできることばかりです。少しの気使いで体が暖かくなり、冷え性改善にもつながります。是非一度試して見てください。




ふくらはぎ、ストレッチ記事関連

記事一覧