西宮 足のむくみ、冷え、疲れを解消。自分でできるマッサージ、ツボ押しの方法|西宮 人気の整体院ひこばえ整骨院・整体院 

足のむくみ、冷え、疲れを解消。自分でできるマッサージ、ツボ押しの方法




毎日立ち仕事や家事、育児をしていると足がむくんでパンパンになることってありませんか?

しかも仕事上ヒールやパンプス等、足が疲れる靴を履いたり仕事をしたりすると余計に疲れます。

それを何もせずにほっからかしにしていると肌がボロボロになったり足がつる、むくむ、怠い 頭痛や生理痛の原因にもなります。

それを対処する為に色々ストレッチや加圧ソックスを履いたりしているかもしれません

もしもそれで十分な効果が出ているならいいのですが、もし、効果が薄いと感じたたり 、効果がない場合は一度今から行うストレッチ方法とマッサージ方法を試して下さい。

実際の当院で行って一番効果のある方法をあなたにお伝えします。

足の裏をマッサージする事で沢山の効果が出ます。

●足裏マッサージをすることのメリット

足の疲れが取れる

足の疲れは老廃物が溜まっているのが一番多い原因です。この老廃物を流すには足をマッサージすることで 体の外に流してくれます。この時のポイントは水分を良くとることですね。効率良く外に排出してくれます。

足の冷えが解消される

足の冷えの原因も老廃物が原因です。本来は老廃物がないと血液の流れは良くなりますが、老廃物がある事によってその血液の流れや体に行きわたるはずの栄養素が溜まってしまいます。

それが原因で足が冷えます。

詳しい事は下記をクリック下さい。

  • 西宮市 冷え性対策!冷え性には温める事よりも○○をする方がいい。冷え性を改善する為の方法
  • 足のむくみが解消される

    冷え、疲れと同じく老廃物が原因です。この3つは単体で起こるのではなく複合的に感じます。どれが一番感じやすいかは人それぞれなので一概に言えませんが、 ほぼ全て同時に出てきます。

    むくみのもう一つの原因は水分不足です。今の様な季節になるとどうしても水分を取るのが億劫になります。

    トイレの回数も増えるしそこまで喉は乾かないし・・・

    でも体のとても乾燥しますよね?それと同じで体の中も乾燥します。これがむくみの原因でもあります。

    体のバランスが安定する

    地面に唯一ついているのが足の裏です。それを支えているのがふくらはぎです。足の裏を刺激する事で立ち方が変わり、結果重心が安定してバランスがとりやすくなります。

    足の裏を少しでも刺激をするとバランスが整うのでそれだけ重要な部分でもあります。

    足がつりにくくなる

    足がつる方は意外と多いのではないでしょうか?足がつる原因はほむくみと疲労物質、冷えなどが複合的に重なった時に足が限界を超えて起こります。

    足に裏を刺激すると足をつるのがかなり改善できます。普段良く歩く方やヒール等を履かれている方にはとてもおすすめです。

    ●足裏マッサージをする前の注意点

    ①足裏マッサージをする前に必ず水分を取りましょう。

    上記でお話をした様に多くの原因は水分不足と疲労物質が溜まり流れない事が原因です。それをまずは流せる様に体を整える事が大切です。

    マッサージ前後は必ず水分を取りましょう。

    ②痛みを我慢してゴリゴリ押すのはやめましょう。

    無理にゴリゴリするとかえって痛みが出る事があります。足の裏はとても繊細です。無理なく気持ちが良い程度でマッサージを行って下さい。

    ③両足とも均等にしましょう

    足が片方だけ疲れるから片方だけを集中的にする。というのはあまりおすすめできません。片方だけするとバランスが崩れてしましい、終わった後に余計にしんどくなることがあるからです。

    必ず均等に行う様にして下さい。

    ●湧泉(ゆうせん)万能のツボ

    足の裏をマッサージすると一番初めに当たるのがこの湧泉です。別名万能のツボとも言われていて とても効果が高いツボです。

    竹ふみなどでもいいですし、ゴルフボールでも構いません。

    このツボはとても万能なツボです。どのような症状でも効果があります。

    1箇所5秒位ゆっくりと10回程度押さえていきます。

    ●太谿(たいけい) 代謝を高め、足首を細くするつぼ

    内くるぶしの後ろ、アキレス腱のへんこだ部分にあります。この部分を刺激することで代謝を あげる事ができます。むくみ、冷え性に効果があります。

    1箇所5秒位ゆっくりと10回程度押さえていきます。

    ●解谿(かいけい) 代謝を高め、足首を細くするつぼ

    太谿(たいけい)と効果は同じです。むくみ、冷え性に効果があります。足首の関節中央で 丁度中指と人差し指の延長上にツボがあります。代謝を高めるのでむくみや足を細くするのには効果が あります。

    1箇所5秒位ゆっくりと10回程度押さえていきます。

    ●気端(きたん) 冷え性に効果がある

    足の先にあります。足の先の先端です。これを指でつまむ様にすると効果があります。 全ての足先をつまむ様にすると効果があります。

    1箇所5秒位ゆっくりと10回程度押さえていきます。

    ●八風(はっぷう) 冷え性に効果がある

    足の各指の間にあります。この間の部分を指先で刺激してあげて下さい。 気端(きたん)と合わせて行うととても効果があがり足先がポカポカしてきます。

    1箇所5秒位ゆっくりと10回程度押さえていきます。

    ●通谷(つうこく) 足のこむら返りに効果がある

    小指の外側、丁度凹んだ部分にあります。足の血行をよくするツボがあるので冷え性や足がこむら返りする方にとても効果があります。

    1箇所5秒位ゆっくりと10回程度押さえていきます。

    ●足の裏をマッサージする手順

    ①足の指を1本1本伸ばす

    足の指を左右に離す様にして1本ずつ動かします。

    ②足全体をストレッチ。曲げる事と伸ばす事

    指を前後左右にまとめて動かして、筋肉と関節をほぐします。

    ③足の指にての指を入れてくるくる回す

    小指から人差し指までを使い足の間に入れてグルグル回すようにして動かしていきます。

    ④足裏全体をマッサージする

    足の裏を親指を使い軽くマッサージします。時間で言うと30秒程度です。

    これで準備が整ったので、これから上記のツボを押していくとより効果が出てきます。

    ●痛いのを我慢するのは逆効果

    よくテレビ等で仰け反る位強い刺激を与えていることがありますが、あれはテレビ用であって普段してはいけません。 特別いい効果はありせん。

    それよりも足の組織が潰れてしまい、逆に筋肉が緊張して体の機能が低下します。ひどい場合は内出血を起こします。

    痛いけど気持ちがいい程度か、もう少し刺激が 欲しいなぁ・・・と言う程度で止めてもらうとよりベストです。

    ●どれくらいの強さで押せばいいのか?

    マッサージやストレッチをする際は痛気持ちいい程度で十分です。足がむくんだりつっていたり、疲労がたまっている 状態は足の細胞に水分が溜まっている証拠です。それを無理にすると上記同様細胞が潰れて余計に痛みが出てきます。

    ですので足をいたわりながらマッサージしてあげましょう。

    ●1日でどれくらいの回数をしたらいいの?

    足のマッサージも他の部位のマッサージもそうですが、長くすれば沢山効果があるものでもありません。

    逆に長いと負担がかかりすぎてしまうので、時間でいうと5分から10分程度、上記のツボをおす回数も10回~15回程度で大丈夫です

    短い時間でも毎日続けることがとても大切です。

    ●まとめ

    足の裏には上記以外に沢山のつぼ、メリットがあります。とても奥が深い部分でもあります。 普段一番酷使しているはずの足裏をメンテナンスされていない方が非常に多いです。しかし、健康な方は足の裏の刺激やマッサージ を必ず行っています。

    足の裏のマッサージは簡単に短時間で行うことができ、しかも効果が出るのでともておすすめです。

    普段の生活で唯一足を支えてくれているのが足の裏。ここを刺激して上げる事で健康で毎日調子のいい生活を送りましょう

    きっと足の裏も喜んでくれます。




    ストレッチ・マッサージ記事関連

    記事一覧