西宮 整体を受ける時には無痛整体か有痛整体かどちらがいいの?|西宮 人気の整体院ひこばえ整骨院・整体院 

整体を受ける時には無痛整体か有痛整体かどちらがいいの?

整体を受けようと思った時に無痛整体を受けた方がいいのかそれともそうでない整体を受けたほうがいいかどちらの方がいいのでしょうか?

多くの方は疑問に思ってはいないでしょうか。実際に無痛がいいとか痛くても我慢したほうがいい等とか色々な意見があります。そこで今回は、無痛整体がいいのか、 有痛の整体がいいのかを考えていきたいと思います。痛みを我慢したほうがいいかなども説明します。

無痛整体のメリットとデメリット、有痛整体のメリットとデメリットを詳しくお伝えします。

無痛整体のメリットとデメリット

無痛整体のメリット

まず無痛整体のメリットをお伝えしたいと思います。まず、体の負担がともて少ない事が一番のいいところです。

弱い圧、もしくは本当に何をされているかわからない位の状態で施術をされるためあっという間に終わるという事もあります。

年齢も関係なく、安心をして整体の施術を受ける事ができます。女性や男性も関係なく、怖さやなども全くありません。

妊娠の方や骨粗鬆症等の方にも強い圧ではなく自然に体を矯正させるので負担がないので受けてはいけない等は基本ありません。

無痛整体のでデメリット

一番のデメリットは

してもらった感覚が全くない

これが一番のデメリットです。無痛ですので勿論何をされたのかがわかりません。一番初めに検査をして体の悪い部分を把握してそれから終わった後に再度検査した時には体の変化が わかりますが、してもらっている間は何をされているかわかりません。

ですのでしてもらった感じがありません。即効性はありませんので、日にちが過ぎれば少しずつ体変わって行くのがわかります。

マッサージなどに行った後の爽快感等はないかもしれません。人によってはぽかぽかしたり体がベッドに落ちて行くのがわかる。という表現をされる方もいます。

有痛整体のメリット

なんと言ういてもらった感がとてもあります。

痛い部分を押すので『あ~そこそこ』という感じになります。腰が痛いなら腰を治療したり、肩がこるので肩を治療するととても終わった後にはスッキリ感があります。

マッサージや指圧はこの部類に入ります。

後、バキバキという矯正も音が凄くなるので凄くダイナミックに治療している感じがしてとてもスッキリした感じがあります。

音が【バキバキ】というので矯正してもらった感じがします。(バキバキの正体は関節から空気が抜ける音です。実際に骨が動いているわけではありません。)

有痛整体のデメリット

有痛整体のデメリットはもみ返しが強く出てしまったり、強くグイグイ押すことにより筋肉の繊維が潰れてしまい、返って痛みが強く出ることもあります。

肩こりの治療をするときに肩を一生懸命治療しますが、肩こりは刺激を加えれば加えるほど一瞬柔らかくなりますがまた元に戻ってしまいます。

一番悪いのは肩の治療をしているのにそれが原因で肩が凝る事もあります。

バキバキした施術も大きく動かすので返って痛くなることもよくあります。

有痛整体は体にとっても負担がとても大きくなってしまいます。

本来日常では動かすことのない範囲を動かすことにより、無理に可動域を広げるので癖になりやすいです。してもらわないと体が気持ち悪い感じです。

それと、音がスゴイので凄く効いた気がしますが実際が空気が関節から抜ける音なので指をポキポキ鳴らしているのと同じです。

無痛整体と有痛整体はどちらがいいの?

ひこばえ整骨院では矯正などは全て無痛整体です。そしておすすめをしているのも無痛整体です。

有痛整体が全てダメではなく、体に負担がとても大きいことと、無理やり筋肉や骨を矯正しても体の自己防衛が絶対に働くので返って体の負担が出てきてしまい、 体が逆に痛くなる可能性からです。

しかし一つ間違えてほしくないのが、受けるあなたが何を目的にしているかによります。

気持ちよさを最優先にされるのか、結果や痛みを取ることにフォーカスするかにもよります。もし、気持ちよさやその場でのスッキリ感をメインで考えるならマッサージ等 やリラクゼーションをおすすめします。マッサージやリラクゼーションがダメではなく、使い分けるといいでしょう。

バキバキする施術は怖さがあるなら無理に受ける必要はありません。怖さや痛みがあるんじゃないかな?という気持ちがあるなら結果も変わって来るのでおすすめはしません。

まずは無痛を受けて、効果がイマイチ実感できないと感じたら有痛整体に行かれる事をおすすめします。

いきなり

痛いのは我慢したほうがいいの?

結論からいいますと

絶対に我慢しなくていいです

我慢をすると体の中ではどんな事がおきるのでしょうか?

まず痛みを我慢するのはストレスです。少しの傷でもあると嫌な気分になりますよね?それと同じで痛みというのは体にも脳にも悪影響です。

怖さなども全てそうです。ストレスになることは治療においては必要ではありません。

痛みやストレスを感じないことが早く治るコツでもあります。

まとめ

無痛整体にもメリットとデメリット、有痛整体におメリットとデメリットがあります。

最終的には受けられる方がどちらが受けたいかによります。しかしどちらにも共通している事があります。

1回で全てが治る等はありえない

と言う事です。1回で全て治れば一番時間的にも経済的にも一番ベストですが、何ヶ月も何年もかけて悪くなった体はどうしても体は悪い方を覚えています。

それを数回で全て治す事は難しい事です。継続的に根本的に治す様に心がけましょう。

そのためには患者さん本人の努力も必要ですよ。


整体関連記事

記事一覧