生理痛に個人差がある理由と生理痛を軽減させるためのツボ|西宮 人気の整体院ひこばえ整骨院・整体院

生理痛に個人差がある理由と生理痛を軽減させるためのツボ

女性特有の悩みである生理痛。

これにはかなり個人差があり、いつもと変わらない生活を送れる方もいれば、人によっては一日動けないことも。特にひどい方は仕事を休むなど、人によってとても差があります。

今回はそういった生理痛の個人差が起こる理由と、生理痛に効果的なツボについてお話します。

もし今生理痛で悩んでいるならこのブログを是非お読み下さい。きっとあなたのお役にたつことができます。

●生理痛はなぜ人によって差がでるのか?

生理痛の度合いは人それぞれ。なぜ重い症状の人や軽くすむ人が出てくるのでしょう。

生理痛は子宮内膜がはがれるときに起こる痛みです。

妊娠のための準備として、子宮の内部に受精卵を受け止めるための子宮内膜を形成します。ですが受精しなかった場合、 その子宮内膜ははがれて血液とともに体外に排出されます。この際、子宮から排出される血液を経血と呼びます。

この、子宮内膜がはがれるときに、痛みを強く感じる人もいれば、軽く感じる人もいるため個人差がでるのです。

感じる痛みに個人差がある原因には以下の3つのことが考えられます。

①プロスタグランジンの分泌量

生理が始まると、プロスタグランジンというホルモンが分泌されます。 このホルモンには子宮を収縮させる効果があり、子宮内膜が体外に排出されるのをスムーズに行うために必要不可欠なホルモンです。

ですが、プロスタグランジンには痛みを感じやすくさせる作用もあるため、過剰に分泌されると痛みを強く感じてしまいます。 同時に炎症反応も起こしてしまうため、頭痛・腰痛、吐き気、倦怠感などの症状も引き起こされてしまうのです。

このホルモンの分泌量に個人差があるため、痛みの感じ方にも影響がでてくるのです。

②子宮出口が狭い

子宮内膜が子宮外に排出される際に、子宮の出口が狭いと経血がスムーズに排出されません。そのときに痛みが起こります。

年齢的にも若く、子宮が未発達の女性は子宮周辺の筋肉も硬くて狭いため、プロスタグランジンを過剰に分泌するため、痛みが強く出てしまいやすいです。

年齢が30歳を過ぎると子宮が成熟するため、痛みは軽くなります。

一度出産を経験すると生理痛が軽くなる人もいます。

③冷えなどによる血行不良

女性は冷え性の方も多いかと思いますが、この冷えも生理痛を強くする原因です。

体を締め付ける様な下着や、ぴったりとしたジーンズなどの服装、同じ姿勢での仕事や、冷房での冷えなどで、全身の血行を悪くしてしまいがちです。

全身が血行不良になると、骨盤内の血流が足りなくなるため子宮や卵巣が正常に働かなくなります。

また、ホルモンはストレスの影響を受けやすく、少しの量の変化でも体に強い不快症状が現れてしまうのです。

中でも女性ホルモンの変化は、生理痛の頭痛に大きく関わります。

女性ホルモンであるエストロゲンは排卵前に分泌量がピークを迎え、排卵後、急速に低下します。 この時、脳内にあるセロトニンという物質も減少します。この際、セロトニンの減少により、脳内の血管が拡張され血管周りの神経を刺激し、頭痛を引き起こすのです。

このセロトニンは心のバランスを整える脳内伝達物質です。セロトニンが不足すると、頭痛の他にも感情的になりやすい。集中力が切れやすいなどの症状がみられます。

●生理痛の一番大きな原因は冷え

生理痛の大きな原因で一番大きいのは冷えによるものです。上記で3つ上げましたが冷えによる生理痛が非常に多いです。

生理痛を改善する為には冷えを解消する必要があります。服や寒さ対策も必要ですが、はやり体の中の事は体の中から変えていく必要があります。食べものを変えて行くのが一番ベストです。

身体を冷やす食材

トマト、きゅうり、ナス、スイカ、梨、バナナ

など夏場が旬の食材が当たります。温かい地域の食べ物を全てこれにあたります。 諺に、秋ナスは嫁に食わすなと言う言葉がありますが、 これは意地悪をしているのではなく、体が冷えるので控えましょうね。よ言う意味があります。

体を冷やす飲み物

・コーヒー ・緑茶 ・牛乳 ・豆乳 ・ジュース 清涼飲料水 ・水 ・白ワイン ・ビール ・ウィスキー ・焼酎

これらが体を冷やします。お水は常温でしたらそんなに気にしなくても大丈夫です。白湯が一番ベストです。

体を温める飲み物

・しょうが湯・黒豆茶・ほうじ茶・紅茶・ウーロン茶・赤ワイン・紹興酒

紹興酒以外は色が濃いですよねここで「コーヒーは色が濃いから温める飲み物じゃないの?」と思いがちですが、コーヒーは、ブラジルやエチオピアなど赤道直下の暑い地域で収穫されるものです。 ですのでコーヒーは体を冷やす飲み物となるのです。ホットコーヒーであっても冷やす飲み物なのです。おすすめできません。

体を温める食材

ショウガ、ネギ、ニラ、大根、ゴボウ、リンゴ、さくらんぼ、梅、などが挙げられます。 野菜に関しては、地上で育つものより地中で育つもの、つまり根菜類なども身体を温めます。 これも寒い時期に旬の物がほとんどです。


●生理痛を和らげるツボ

次は生理痛を和らげるツボをご紹介します。1日に3回程度。1回のツボ押しに5分程度で行うことができますので、是非一度行ってみて下さい。

①三陰交(さにんこう)


生理痛、生理不順、不正出血の他、腰痛・冷えなどに効果です。

このツボは子宮や卵巣の状態を表しているとされているため、痛みがきつかったりハリがないような状態は何かしらの異常がある可能性があります。

場所:内くるぶしから指4本分上の骨と筋肉の境目にあります。

押し方:両手の親指を重ねて深く押す。ゆっくりと力を入れて5秒くらい押して、5秒くらいかけてゆっくり離す。これを10回繰り返します。

②足三里(あしさんり)


生理痛やむくみに効果的。他にも胃もたれや食欲不振に効果があります。

場所:膝のすぐ下の外側にあるくぼみから指4本分下にあるポコっとした骨のキワ。

押し方:親指の先を使ってゆっくりと押し、3秒ほどしたら離す。これを2分ほど繰り返す。

③血海(けっかい)



多くの血液が集まる場所です。この部分を刺激することで血液の流れが改善します。

血流を良くし、ホルモンバランスを整えることで生理痛、生理不順、腰痛、下腹部痛に効果的。生理痛、冷えにより体のコリやイライラ感なども緩和します。

場所:膝の内側の、足を伸ばしたときに凹むところから指3本上の部分です。。

押し方:両手の親指を重ねて3秒間ほど少し痛みを感じる程度に押して、ゆっくり離す、というのを3分間ほど繰り返します。

④気海(きかい)



元気のツボと呼ばれる、体の「気」の集まるツボです。

生理痛、生理不順、下腹部痛、腰痛に効果のあるツボです。

場所:おへその指2本分下にあります。

押し方:仰向けで寝た状態で、親指以外の4指を使い、ゆっくり優しく力を入れて5秒ほど押さえてゆっくり離す。これを10回ほど繰り返します。

⑤関元(かんげん)



全身の調子を整えるツボ。生理痛、生理不順だけでなく下腹部痛、冷えにも効果的です。

場所:気海のさらに指2本下。おへそから指4本下の部にあります。

押し方:気海を参照にして下さい。

●ひこばえ整骨院でできること

ひこばえ整骨院では生理痛を改善させる事が可能です。体の中から変えて行くために食事の指導も同時に行い、根本的生理痛を改善できる様にします。

冷えは食べ物や服装、体の歪みや痛みなどから症状が併発することもあります。それを当院では改善して体の大元から良くしていきます。

多く方が悩んでいる生理痛。ひこばえ整骨院にも多くの生理痛で悩まれている方がいらっしゃいます。

生理痛で悩んでいるなら一度ご相談下さい。

●最後に


生理痛は女性特有の悩みです。痛みがきつくても言い出しにくくて我慢してしまったり、何も対策をしなかったりで見ないふりをする方も少なくありません。

まずは自分でできる事はどんどんしてみましょう。もし、自分一人でできない場合は一度医療機関を尋ねるといいでしょう。

薬を飲んでも、何をやっても変わらなかったり、痛みで動けないなどがある場合は子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人病の可能性もあります。

我慢せずに婦人科へ相談しに行かれることをおすすめします。

もし、このブログをみて質問があれば何時でもご連絡下さい。できる限りご説明とアドバイスをさせて頂きます。

  • お問い合わせ



  • 関連記事

    記事一覧