腰椎分離症の原因と対処方法|西宮 人気の整体院ひこばえ整骨院・整体院

腰椎分離症という言葉を聞いたことはありますか?

腰痛に悩まされている方の中にも、もしかしたら分離症が原因の方がいるかもしれません。

今回は数多くある腰痛の原因の中でも「腰椎(脊椎)分離症」について詳しくお話します。

腰椎分離症とは

腰椎分離症とは、簡単に言うと腰椎の疲労骨折です。

背骨と言われる部分のなかでも、腰の骨の部分で起こるため腰椎分離症、と呼ばれており、5つある腰椎の中でも5番目の腰椎に起こるといわれています。

腰椎の骨折、と言われてもあまりピンとこない方も多いでしょう。

なぜ腰椎分離症になるのか

背骨には歩く・走る・飛ぶ、などの動作のとき、地面に着地した際の衝撃を緩和させる役割があります。

背骨の骨は、椎骨という骨と椎間板という軟骨が積み重なってできていて、椎骨の背中側には「椎弓」と呼ばれる突き出した部分があり、「椎間関節」という関節で上下につながって椎骨を支えています。

過度の運動などによってこの腰椎部に度重なるストレスがかかることでひびが入っていき、疲労骨折を起こします。

椎間関節が疲労骨折して椎骨を連結する力が弱まると、腰の骨が不安定になります。その結果、椎間板や靭帯などの周囲の組織に負担がかかったり、神経が刺激されることで腰痛が生じます。

骨折なのになぜ 「分離症」と呼ばれるのか。

骨折をした場合、安静、固定により折れた部分に骨癒合(骨がくっつくこと)がみられますが、分離症の場合、常に腰椎に荷重がかかり続けることで引き起こされるため、骨折部が安定せず、骨癒合しないままの状態で不完全に治癒してしまいます。

この状態を「偽関節」と呼び、分離症と言われる理由です。

疲労骨折後の早期に治療・固定が可能であれば骨癒合が期待できる場合もありますが、それ以降では分離症となることが多いです。

特に成人後は疲労骨折を起こしても腰を支える筋肉がついているためすぐに痛みに気づくことなく過ごしてしまい、腰の筋肉の負担がピークになった際にぎっくり腰や腰痛となって症状が現れて、レントゲンを撮ったときに初めて自分が分離症であったことを知る、というケースも少なくありません。

10代前半の子供さんで運動後に腰が痛いが普段は大丈夫、運動は続けられるけれど腰を反らすと痛いなどという症状があれば腰椎分離症を疑ってみた方が良いかもしれません。

特に野球、バレーボール、バスケットボール、サッカー、柔道、ラグビー、ウエイトリフティングなどの腰の前後屈や回旋の多いスポーツをしている子にみられます。

プロスポーツ選手や成人にも起こる症状で、その場合運動や重労働など腰に過度のストレスがかかることが原因となることが多いです。

そして筋力の低下した高齢者にもみられることも多いです。

高齢者の場合、運動よりも腰椎を支える周りの筋肉に問題があるといえます。

年をとると関節自体の柔軟性も少なくなりますが、骨を支える筋力も低下します。そのために骨にも筋肉にも負担が増えてしまい、結果的に分離症になる、ということが起こります。

腰椎分離症でみられる症状

・運動中、運動後に痛む

・同じ姿勢を続けると痛む

・長時間の立ち仕事や重労働の後に痛む

・鈍く思い痛み

・体を前屈させる、反らせる、捻ると痛む

・腰が抜けるような感覚、腰に不安感がある

主に腰椎の付け根、腰のベルトラインに痛みが発生します。

放っておくとなる「分離すべり症」とは?

分離症になってしまうと骨の配列が不安定となり、腰椎を支える力が弱まります。

もともと背骨には生理的彎曲といわれる前後のカーブがあり、腰椎は前方に緩くカーブしています。

腰椎を支える力が弱くなるとその分離した状態の椎体が前方にすべる現象が起こります。これを分離すべり症と言います。

分離症を放置していた人が歳をとり筋力が低下してくると起こりやすいです。

分離すべり症になると、ずれた椎体が脊髄から枝分かれしている坐骨神経のような神経を圧迫してしまい、お尻、太もも、ふくらはぎなどの下肢にしびれや痛みが出てしまいます。

ある程度の距離を歩くと足が痛み動けなくなり、しばらく座り休憩した後にまた歩けるようになる、という独特の歩行(間欠性跛行)がみられます。

立っていると椎体のずれが大きくなって神経が圧迫されますが、座るとその圧迫が緩むため、また歩けるようになります。

分離症の自分でできるストレッチ

分離症になったとき、もう治らないものだと腰痛が治らないものと諦める必要はありません。

分離症が起こったときに、筋力の低下によって痛みが引き起こされますが、背筋の筋力低下ではなく、腹筋側の筋力低下と背筋の柔軟性の低下で起こります。

腰椎が分離することで脊椎の安定感がなくなり、その周りを支える筋肉に負担がかかり続けて痛みが出るので、普段からその負担を和らげるために周りの筋肉を柔らかくしたり、使い方を変えたりする必要があります。


背中~骨盤~腰周辺の筋肉を伸ばす

大腰筋ストレッチ

①背筋を伸ばし、立て膝の姿勢で左足を前に出します。

②左足の膝は90度に曲げます。右足は膝下を、つま先を伸ばした状態でぴったりと床につけておきます。

③前方に出した左足にゆっくりと体重をかけ、この姿勢を30秒キープします。 右足の股関節周辺の大腰筋が伸びていることを意識しましょう。

④左右の足を入れ替え、左足の大腰筋も伸ばします。左右1回ずつのストレッチをワンセットにして、2、3セット行うと効果的です。

運動習慣のない人や、体力のない中高年の方でも、これならむりなく続けることができるでしょう。

脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)のストレッチ

①床に座った状態で、両足を大きく開いて90度くらいに膝を曲げます。

②顔は正面を向いて、両腕を左右の足の間に軽く起きます。

③そのままゆっくりと、肘を床に付けていきながら上半身を前方へ倒します。

④その際、背中を丸めるようにしながら、おへそをのぞき込みます。

⑤30~40秒間ほど、伸ばした状態をキープします。

背中から腰、お尻にかけての筋肉が伸ばされていくのを意識できれば大丈夫です。

顎を引くことを意識すると、背中の筋肉がもっと伸ばされますよ。

3回程繰り返してしっかり伸ばします。


深呼吸

深呼吸を行うことも立派な背骨のストレッチになります。

深く呼吸を行う際に背骨を意識して行いましょう。

そして、肋骨を最大限まで上げることをします。

腰椎分離症のストレッチ動画
すべり症のストレッチ動画
まとめ

腰椎分離症と言われて腰痛を仕方がないと諦めていませんか?

確かに骨はくっつきませんが、骨が分離しているのが痛みの原因ではありません。

脊椎の負担を肩代わりしている背中~股関節周囲の筋肉の疲労を取り、柔軟性を取り戻すことで痛みは改善できます。

そしてその筋肉の硬さの原因となっている体の使い方や癖をみつけ、根本から治療していくことが出来ると、再発しにくいからだをめざすことができます。

  • お問い合わせ

  • 腰椎分離症について詳しくはこちら



  • お得な情報や健康情報を受け取りたい方は下記をご利用下さい。
    LINE 友達申請


    関連記事




    オファー