手がしびれる!?これってもしかして胸郭出口症候群?原因と症状|兵庫県西宮門戸厄神ひこばえ整骨院・整体院が書くブログ


吊革につかまると腕や手がしびれる。

洗濯干しをする時に腕がだるい

手が痺れるから検査をしたけれど肩や背中には異常がない

もしかしたらそれは胸郭出口症候群の可能性があります。

胸郭出口症候群はあまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、実は意外と多い症例なのです。

今もし腕にしびれを感じ、症状が改善しないと感じたらこのままブログを読み進めて下さい。

きっとあなたのお役に立つ事ができ、胸郭出口症候群の改善の道筋を立てる事ができるでしょう。


胸郭出口症候群ってどんな病気?

胸郭出口症候群とはあまり聞いた事がないかもしれません。

胸郭出口とは、鎖骨と肋骨の隙間の事をいいます。この間に神経、静脈、動脈(血管)が通っています。

そこが何かしらの原因で圧迫して痛みやしびれを出している状態の事をいいます。

胸郭出口症候群は4つの種類に分かれます。


①肋鎖症候群(ろくさしょうこうぐん)

②斜角筋症候群(しゃかくきんしょうこうぐん)

③小胸筋症候群(しょうこうきんしょうこうぐん)

④頚肋症候群(けいろくしょうこうぐん)

この4つに分かれます。

自覚症状は基本的には同じですが、どこで神経と血管が圧迫されているかで違いが出てくるので特徴です。

すべて胸郭出口症候群ですが、神経や血管が圧迫される場所によって名前が違うイメージです

一つずつ解説をしていきます。


①肋鎖症候群(ろくさしょうこうぐん)

これは鎖骨と一番上の肋骨で圧迫されている状態の事です。

胸郭出口症候群の中ではこれが一番多いです。


原因

先天的な問題と後天的な問題があります。

大きな原因としては、過労による血行不良とか、姿勢が悪くなったり等が多いです。

どちらかと言えば女性に多いですが、筋膜疲労の事が多いです。

筋肉が硬くなってしまう為にしびれがでてしまうと言う事があります。

肋鎖症候群は比較的治りやすいです。

姿勢予防も同時に行なっていく必要があります。


検査方法


1.肋鎖テスト

痛みやしびれが側の腕を床方向へ引っ張ります。

自覚症状が増悪するかどうかで判断します。基本的にはしびれがつよくなる事が多いです。

この時左右両方に増悪する症状がみられる場合は脊髄性疾患の可能性が疑われますので、その場合はまずは病院に行かれる事をおすすめします。


2.エデンテスト

まずは手首の拍動を把握します。座位で腕を後下方に牽引し、手首の位置で拍動の変化を観察します。

この時に脈拍が弱くなる、消失するなどの変化を起こす時は肋鎖症候群を疑い、全く変化がない場合をないと診断します。


3.気を付けテスト

まずは手首の拍動を把握します。立位あるいは座位の姿勢から両肩を下げ、後方に引いて胸を張ります。

この時に脈拍が弱くなる、消失するなどの変化を起こす時は肋鎖症候群を疑い、全く変化がない場合をないと診断します。

この3つで検査が陽性であれば肋鎖症候群を疑います。


②斜角筋症候群(しゃかくきんしょうこうぐん)

首から神経が出てきて、それが首の前を抜ける時にある神経の通り道で圧迫されている状態の事です。

日常の姿勢や癖でこの斜角筋が硬くなる事が多くなります。

これは肩こりや姿勢不良の延長でしびれが出てくることがほとんどです。

名前はとても難しいですけど、斜角筋症候群は斜角筋の筋肉が硬くなっているので安心をして下さい。



モーリーテスト

斜角筋の前を押さえて痛みやしびれが手に出たり増強するかで判断をします。

もし、痛みやしびれがでるならこの斜角筋症候群を疑います。

何度も言いますが斜角筋症候群は筋肉疲労なのでそこまで心配をされなくても大丈夫です。


③小胸筋症候群(しょうきんしょうこうぐん)

過外転症候群(かがいてんしょうこうぐん)とも言われていますが、小胸筋と言う胸の前にある筋肉で圧迫されてしびれや痛みを出します

これも②と同様に姿勢と深い関係があります。

胸の前にある小胸筋と言う筋肉が神経を圧迫をしてしびれを出しています。

猫背の方やデスクワークを日常的に行っているとどうしても方が丸くなってしまう姿勢になるので結果的にしびれや痛みを誘発してしまいます。

筋肉のコリやハリが原因となるのでここを取り除けば痛みやしびれは改善をします。


検査方法


ライトテスト

写真の様に肘関節を90度に曲げて保持をします。

このまま脈を測ってもし脈がなくなったり手が白くなったり、手がしびれてきたりすると陽性です。

ただ、このテストは擬陽性として15%出るので、上のテスト同時に見ます。

複合的にみていきます。


④頚肋症候群(けいろくしょうこうぐん)

第一肋骨の上に頸椎に出来た骨が出来てそれが圧迫をしていしまう状態の事をいいます。

実はこれが一番大変なのです。

骨の成長がきっちりできずに骨が突出してそれが頸部の神経を圧迫してしまう状態の事をいいます。

基本手術か保存療法でいきます。しびれがきつく症状が強い場合は手術を行いますが、そこまできつい状態でなければ基本的にストレッチ、整体などで治療を行います。

その際には姿勢、筋肉の緊張等全体を見て施術を行っていきます。


大きく分けるとこの4つに胸郭出口症候群はわかれます。

どれにも共通する事はしびれや痛みを伴う事が多いです。

①~④に関しては非常に治りがいいですが、④だけは骨が関係をするので若干しびれが改善するのに時間がかかります。

次は胸郭出口症候群の際にしびれが出た時の対処方法をお伝えします。

胸郭出口症候群でしびれを感じた時はどう対処をする?

実際にしびれが出た時は慌てる事もあるかとは思いますが、まずは胸郭出口症候群の内どれかを確認をします。

どれが一番当てはるかによってストレッチや対処方法を変えていきます。

どれに当てはまるかでストレッチ方法を変えていきます。まずは基本的な全てに有効なストレッチをお伝えしています。


①肩と背中のストレッチ

・足を開いてしこを踏むような形で開いていきます。

・次に肩を入れて体を捻じります。この時に顔も一緒に入れていくと尚OKです。


②肩甲骨、広背筋ストレッチ

・立つ、もしくは座ったままで腕を前に組みます。

・その状態のまま手と肩甲骨を前に突き出すよにして伸ばしていきます。

このままの姿勢で15秒キープします。


③腕の外側を伸ばすストレッチ

・左手を伸ばすと仮定します。左手を胸の前に真っ直ぐに伸ばします。

・右手で左の肘少し上を持ち伸ばしていきます。

・反動をつけながら伸ばしていきます。15回程度で終了です。


④胸の前を伸ばすストレッチ

・腕を後ろに組みます。

・次の顎を少しだけ上げて後ろに腕を引く様にしてあげていきます。

上げた状態で5秒間キープして降ろしてを繰り返します。

これを合計5~10回程度行います。


⑤タオルを使い肩甲骨を伸ばす

右側を伸ばすと仮定します。

・タオルを後ろで写真の様に持ちます。できるだけ短くタオルを持ちます。

・右手を上の持ち上げて10秒。左手を反対に下の下げて10秒

・次の反対側を行っていきます。

これをする事で肩甲骨の動きを左右同時に出す事ができるのでとても効果的です。


⑥タオルを使い腕の外側を伸ばす

・タオルを上に持って腕の外側を伸ばすようにします。

・万歳をした姿勢から外側の体を反らしていきます。

・体の外側が伸びていれば正しいです。そのまま5秒間キープをしていきます。

左右5回ずつ行っていきます。

斜角筋単体を伸ばす

斜角筋を伸ばす為に斜角筋をストレッチしていきます。

・座った状態で鎖骨の部分に手を当てます。

・右を伸ばしていますが、左斜め後ろに向けて首を伸ばしていきます。

この時に首の前が伸びている感じがあればOKです。

仰向けにねたままでも行ってもいいです。

やりやすい方で行って下さい。

しかし、注意点があります。伸ばし過ぎると逆にしびれが出てくるので初めは軽くから行う様にして下さい。

小胸筋単体を伸ばす

・壁に向かって手を水平に伸ばしていきます。写真では左手を伸ばしていく感じです。

・次の体を手とは反対方向に向けて伸ばしていきます。

初めは胸の前が伸びると思うので、これが出来れば次は手の角度を少しだけ上げていきます。

約水平よりも高く、100度位を、目安に行]なっていきます。

こうする事で小胸筋がストレッチされます。

このストレッチは1回15秒で2~3回程度行って下さい。

胸郭出口症候群になりやすい姿勢

上記でもたびたび説明をしていますが、猫背はやはり好ましくはありません。

方が中に入れば首も前に出てきます。姿勢不良+猫背になるので首が前に出て巻き型になる可能性があります。

写真の様に巻き型になったりすると呼吸も浅くなるので肩や首だけではなく、肩甲骨やその他の部分も硬くなってしまいます。

そうすると斜角筋、小胸筋、首の前と後ろにある筋肉が圧迫して硬くなる為のしびれや痛みを伴う事が多くなってきます。

正しい姿勢についてはこちらの記事をご覧下さい。

  • とても簡単!姿勢を良くする方法

  • レントゲンは必要?

    レントゲンは必要な場合とそうでない場合はあります。

    肋鎖症候群の場合や頚肋症候群(けいろくしょうこうぐん)の場合は発見が遅れる事があります。

    見た目では判断が付きにくいで、もし上記のストレッチをして症状が改善しないのであれば一度レントゲンを撮って骨が圧迫していないかを確認する必要があります。

    そして、骨に異常がない場合は継続するか、整骨院や整体院で一度見てもらう事をおすすめします。

    まとめ

    胸郭出口症候群の場合はしびれを伴うので心配になる事も多いかとは思います。

    しかし、実際は姿勢であったり筋肉の緊張が強くなっている為にしびれや痛みを伴う事が多くなってしまっているのでそれを改善する事で十分に改善を見込める事ができます。

    是非一度上記にあるストレッチや対処方法を行ってみて下さい。

    ●ひこばえ整骨院骨盤の胸郭出口症候群の改善手順

    ひこばえ整骨院では胸郭出口症候群にも対応しております。



    上記でお話をさせてもらったみたいに胸郭出口症候群には正しい知識が必要です。

    あなたの今の体に合わせたアドバイスもさせて頂きます。

    詳細は下記をご覧下さい。

    詳細